デザインの力で日本の技術を世界市場へ
セミナー概要:

「国内市場が縮小傾向に有る中で、自社の技術を活用して世界市場に出て行きたい」という声を多く聞くようになりました。経済低迷の中、様々な外部要因によって日本の中堅企業中小企業にとって困難な状況が続いています。日本には長い歴史の中で高い技術力を実現してきた中堅企業が無数に存在しています。 しかし、日本市場は今後縮小の一途をたどることが予想されており、海外市場を視野に入れたビジネス拡大は避けては通れないテーマです。高い技術力や歴史があるとはいえ、これまでに海外向けの商品開発の経験がない企業にとって、世界市場に向けた新商品開発及びブランドコミュニケーションは容易ではありません。

私達は世界市場の中でも欧州市場に注目していますが、その理由はアジア市場に比べて欧州市場の購買力に魅力があるという事ではなく、成熟国家であり高い技術、高品質の商品を正しく評価する土壌のある欧州市場でブランド化に成功する事は、そのままアジア市場を含めた世界市場での大きなブランド化にも直結するというのが理由です。世界で最も品質の高いブランドに対して目利き力がある欧州市場の消費者はまさに世界レベルでのブランド構築をする上での試金石となる市場です。これはB2C、B2B両方のビジネスに当てはまります。 生産コストの観点において効果的な付加価値を必要とする日本のものづくりにおいてブランド化は必須であり、その為には要求レベルの高い欧州の消費者視点の商品企画と、欧州市場に相応しい表現の工夫が不可欠です。

本セミナーでは、最新の欧州消費者トレンドやシーモアパウエルが過去に手がけた中小企業とのプロジェクト内容などを説明しながら、日本の中小企業が抱える共通課題の攻略のヒントと、それをサポートするデザインリサーチ手法やアイデアの発想プロセスなどをご紹介致します。世界市場進出のために踏まえるべきデザインの視点を共有できれば幸いです。

日本の中小企業+クリエイティブ」というコミュニティ構築 :

国内外のクリエイティブ関係者から、日本の中小企業との効果的な協業実現にむけた糸口が見えないという意見をよく聞きますが、立地条件や言語による問題からなかなか意見交換の場がないというのが現状ではないでしょうか。私達が予定している春夏秋冬年四回のセミナーを通して、参加者皆様の世界市場進出に対する意識を高めて頂き、様々な意見交換を促す事でビジネスマッチングの機会を増やすコミュニティのプラットフォームになれば光栄です。今後は「日本の技術と世界市場と繋げたい」という意思を共有する国内外のクリエイターによるゲストトークやディスカッションも予定しています。

想定参加者:

今後世界市場への展開を考えている日本独自の商品や技術を持つ中堅企業、中小企業、老舗企業
クリエイティブシンキングを導入した新事業実現や、ブランドコミュニケーションに意欲がある企業

得られるもの:

- 欧州の消費者トレンド
- 世界市場でのブランド構築に成功している日本企業の事例
- 欧州市場攻略のための課題
- 欧州向け商品開発を実現するためのデザインプロセス

日時:

4月18日(木)18 : 00 ~ 21 : 00(セミナーと懇談会)

場所:

インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー5F 東京ミッドタウン・デザインハブ
http://www.designhub.jp/access/

費用:

3000円

お申し込み方法:

以下ウェブサイトからのお申込みをお願い致します。
http://seymourpowellseminar1.peatix.com/

問い合わせ:

池田武央(シニアデザイナー / デザインストラテジスト)
takehiro.ikeda@seymourpowell.com

主催:

英国デザインコンサルティング会社 シーモアパウエル
http://www.seymourpowell.jp/
Facebookページ

シーモアパウエル:

1984年に創立されたシーモアパウエルは、顧客の技術をいかした商品企画と、顧客の歴史を理解したブランドコミュニケーションを強みとするデザインコンサルティング会社です。活動拠点であるロンドンのスタジオには数々の受賞歴を持つデザイナーが世界中から集まり、本質的価値のある新しいデザインを生み出してきました。過去数十年間、デジタル機器、白物家電、車、バイク、電車、飛行機、石鹸といった多種多様なプロジェクトを通し、人々の記憶に残る数多くの製品を生み出してきました。世界中から依頼にこられるクライアントは以下三つの共通した課題を抱えています。何をすべきなのか、何故それをすべきなのか、どのようにそれをすべきなのか?世界市場に対する知見と過去のプロジェクトで培ってきた実績をいかし、顧客の技術をいかした世界市場向け商品開発と、顧客の歴史とブランド理念の徹底的な理解を基にしたブランドコミュニケーションに日々取り組んでいます。

ケーススタディ:
BabyG
カシオ

「Gショックブランドを継承する『Baby G』という新ブランドの構築+製品デザイン」

Gショックの成功に続き女性のファッションニーズにフィットするデザイン開発として提案されたBabyGラインのデザイン。シーモアパウエルはBaby Gブランドを作り出すと同時に、その初期デザインを担当しました。Gショックブランドを頑なに継承したウォッチのデザインは各市場で大きな成功を収めました。

Intelligent Energy ENV
インテリジェントエナジー

「自社独自の水素燃料技術を活かした製品デザイン+ブランドコミュニケーション」

世界トップ水準の水素燃料を開発保持するインテリジェントエナジー社との協業により水素燃料エンジンを搭載した二輪バイクを開発。規模としては非常に小さな技術会社であるインテリジェントエナジー社が世界経済フォーラムよる「テクノロジーパイオニア」の受賞を果たしました。各種メディアで大きく取り上げられ、PR効果を生みました。

© Seymourpowell 2013 (All rights reserved)